2017年02月20日

劇場版艦これ4DX観てきたよ!

さて、先週観てきたMX4D版とはどう違うのか。

それを体感するために行ってきました宮城は仙台。

kk2.JPG

結論から言うとやっぱ今回の4DXが最高でした

やはり全編通してモーションの発生パターンが大分違うのね。

まず予想通り風が超自然。

外のほとんどのシーンで風が吹いてくれるから映画の世界の中に一緒にいるような雰囲気。

これはリアルさを表現するための効果絶大ですね。

そしてモーションがまぁ激しい激しい。

序盤の戦闘シーンの段階でMX4Dとの動きの違いが歴然。

キャラの動きに沿って右に左に忠実に動いてくれて不自然さを感じませんでした。

そして見所の戦艦大和の一斉射では後頭部を座席に強打するほどの勢いwww

軽い脳震盪に注意ですw

いやもうあまりの揺れの激しさに何度ずり落ちて座り直したか分かりませんわw

それと同時に水しぶきも大量噴射で万歳でしたw

今回自分が座っていた席では風が大分強かったため、

ミストがイイカンジに拡散してくれて顔面強打は少なかったんですが、

座る席によっては風向き次第で顔面びしょびしょになったり眼鏡滴るレベルとかって人も居るみたいですね。


あとはフラッシュの使い方。

1色のみで物足りないかと思いきや、発光パターンがMX4Dの数倍上手。

砲撃や爆撃の衝撃で「ピカピカッ」っと瞬時に光る閃光シーンと

探照灯の照射や地平線から朝日が差すような「うぉっ眩し!」なシーンとで

うまく使い分けれられていてちょっと感動w

夜の泊地で一航戦が吹雪たちに説明している時の外灯が点滅するシーンもまんま再現されてました。

唯一、自分が行った劇場は送風機の「ザーっ」っていう音が超五月蠅かったのだけ残念でした。

まぁ大半は海で風が吹いてるから、その音が海風や波の音に聴こえなくもなかったのでそう思えば何とか乗り切れる感じw

それ以外のシーンは会話が聞こえづらくて台無しになってましたが(汗



あとは・・・


如月ちゃんの匂いは一切無かったけどな!


ベッドで寝ている如月ちゃんの匂いを嗅ぎたい人はMX4D版を観てスーハ―スーハ―して来て下さいw


rr2.JPG

さてさて。というわけで4DXも存分に堪能したことだし、晴風制作再開です。

初めてチャレンジすることが多く、意外と時間がかかりそうなのでじっくりコツコツ進めていきます。


akg2.JPG


「晴風?知らない子ですね。」



・・・痛いわー。超痛いわーw


 
posted by BLADE at 00:34| Comment(0) | 日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: