2017年02月12日

劇場版艦これ・MX4D観てきたよ!

MX4D。

それは4DXと並んで称される映画鑑賞の新しいスタイル。

シアターがまるで一種のアトラクションと化し、
シーンに合わせてシートが連動するほか、風やストロボ・水しぶき、
更にはスモークや香りまで再現されるなんとも豪華なものでございます。
昨年ガルパンで存分に堪能してきましたが今回は艦これ。

しかも地元のMX4Dってやつは初上陸らしいじゃない?
ってことで、4DXとの違いがどんなもんか気になったので公開初日の本日観てきたわけですが、


いやー面白かったw

・とりあえず水しぶきやばいwww
まずミストの発射場所が4DXと違って、前席のシート後ろからではなく、
自分の手元のドリンクホルダー部分から発射されるみたいで。
しかもこちらはミストのON/OFFボタンが無いwww
よって強制的に霧を拭かれます。眼鏡の人、注意w

・風の効果。
ミスト発射口の隣には一緒にエアーの吹き出し口もあるので風も斜め下から吹いてくる感じでした。
壁に扇風機がないところが4DXとの大きな違いですね。

ただ、今回「今ここで風が欲しいかな!」っていうシーンで無風のところが多かったので
ちょっと物足りない感じがました。
ガルパン4DXの時は屋外シーンではほぼひっきりなしに吹いてるみたいなので
そういうところがリアルさの違いとして表れてくるのかなと。

ほら、やっぱ夜の海を眺めている時には
風の吹く描写がなくても風の効果はあったほうがいいんじゃない?的な。

・ストロボ発光
4DXの発光色が1色なのに対してこちらは5色くらいあったっけ。
シーンに合わせて色が変わって発光してたのでその辺は大分雰囲気アップ。


他には背中のゴツゴツエフェクトがちょっと滑らかになってボールみたいなもので押される感じだったのと、
雨の演出がMX4Dには無かったことくらいかな。

とはいっても戦闘シーンではぐわんぐわん揺れるし
水しぶきもエアーと一緒にスゴイ勢いで超顔射www
大和の徹甲弾一斉射なんかはぐるっと視界が回る感じもシートの動きでリアルに再現されていて
発射時の衝撃はかなりのものでした。やっぱ46センチ砲の斉射は痺れる。

ついでに言うと本編前のKADOKAWAロゴが表示される部分でさえシートが傾くレベル。そこはいらんでしょww


そして最後に・・・

あの「娘」が出てくるたびに毎回「シュー」っていう匂い演出があって草wwwww


いやいや大分笑ってしまいましたわ。しかもどっちかって言うと甘いっていうより何か臭ぇしwww

そんな感じでした。

4DXバージョンはまだ観てないので、比較的に高評価なコチラのスタイルで、
上に書いた風の来なかった部分の演出やその他のモーションの違い等に変化ががあればいいなと期待。

来週あたり観に行ってこようかなw


とまぁそんなところで今夜も晴風製作再開します。

 
posted by BLADE at 01:31| Comment(0) | 日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: